洋服 人気の直し

  • HOME
  • 洋服 人気の直し

ネット注文はこちら

ジーンズのダメージ残しパイピング仕上げ

ジーンズのダメージ加工を残して裾上げできます!

「ジーンズの裾のダメージ加工を残しながら裾上げする」お直しをご紹介いたします。

おそらく「ジーパンの裾上げをしたいけど、裾のダメージ加工が無くなるのが嫌だな!デニムのアタリを残しながら裾上げできないかな!」と思われている方がいらっしゃると思います。参考になる内容だと思いますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

デニムを裾上げするとダメージ加工が消えてしまう!

既製品のデニムパンツは多くのお客様が着用できるように、裾が長めに作られていますので、どうしても購入後に裾上げが必要となるケースが多いです。

チノパンやスーツのスラックスなら、裾上げしても大きく見た目やイメージが変わることはありませんので、皆さんパンツのご購入店やお直し屋さんで気軽に裾上げをされていると思います。

Gパンやデニムの裾上げをチノパンやスラックスのようにしてしまうと、「アタリ」と呼ばれる裾のダメージ加工が消えてしまいます。結果デニムの雰囲気が大きく変わってしまい、後悔することになる場合があります。ちなみに、この裾上げ方法は「三つ折りステッチ仕上げ」になります。

「アタリ」は、ジーパンの色落ちやシワのことです

ここで少し「アタリ」について説明しておきましょう。「アタリ」とは、簡単に言うとジーンズなついた「擦れた跡.色落ち.立体的に見えるシワ」です。ジーンズのマニアやファン、デニム専門店では一般的に使われている言葉です。ぜひ覚えておいてくださいね!

「アタリ」は裾端だけでなく、ジーンズ全体に存在しています。太もも付近に出てくるシワのことは「ヒゲ」、太ももの後ろにできた、蜂の巣のような形をしたシワは「ハチノス」と呼ばれることもあります。

本来は、パンツを履いた人の使用によって出来る「擦れた跡」「色落ち」「立体的にみえるシワ」が「アタリ」なのですが、現在販売されているジーンズの多くには新品の段階でたくさんの「アタリ」がつけられています。これらは販売前にジーンズメーカーによって加工されたものです。

通常の裾上げ後に、「アタリ」ができる?

ちなみに、普通に裾上げするとツルンとした裾になってしまいますが、数年間着用・洗濯を繰り返すと、「アタリ」がつきます。ただ、お分かりのように、元々の「アタリ」に比べるとそのジーンズ感は薄まります。

せっかく買ったお気に入りのジーンズの「アタリ」が、裾上げによって無くなってしまうのはなんとも残念ですよね。

「デニムパイピング仕上げ」なら、裾上げ後もアタリが残ります!

デニム裾上げ後にアタリを残すために、「デニムパイピング仕上げ」があります。三つ折りに裾上げすると、残念ながらアタリは消えてしまいます。

しかし「デニムパイピング仕上げ」すれば、裾上げ後もしっかりアタリを残すことができまます

ステッチの数ミリ上に段差ができます。これは「デニムパイピング仕上げ」はアタリのついた元々の裾端と、希望丈まで短くしたパンツ本体と縫い合わせることで、アタリを残していますので、この段差は、その縫い合わせの時に生じる段差です。

「デニムパイピング仕上げ」で裾上げした後の裾を裏返して見ると、お直し前や三つ折りの裾上げとは、異なる状態になります。

裾端の「アタリ」をキレイに残すために、この点だけはご了承いただければと思います。ただ、見た目の印象こそ変わりますが、着用感にはほとんど違和感は無いと思います。またしっかり生地の縁もロックミシンで縫い留めていますので、ほつれてくる心配もないと思います。

ダメージ加工を残す裾上げの料金!

裾上げ後もデニムのアタリを残せる「パイピング仕上げ」のお直し料金はおいくらだと思いますか?

ご紹介したお直し料金は2200円税込です。ユニクロさんなどのアパレルショップや、一般的な洋服お直し店での通常の裾上げ(三つ折りステッチ仕上げ)8001000円程度ですから、プラス14001600円程度でできることになります。

ユニクロからリーバイスまで、ダメージ加工を残して裾上げできる!

この「デニムパイピング仕上げ」は、「裾上げには少しでもお金をかけたくない!」という方にとっては高い買い物かと思います。しかしながら、この記事をご覧になられているこだわり派の方にとっては、お薦めできるお直しです!1万円を超える高価なデニムパンツはもちろん、アタリがキレイに入った安価なデニムパンツ(例えば、ユニクロのジーンズ)の裾上げにもお勧めできるお直しです。

実際、Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)だけでなく、LIVIS(リーバイス)EDWIN(エドウィン)MOUSSY(マウジー)LEE(リー)、ディーゼル、AG(エージー)、J BRAND、GAS、G-STAR RAWなど実に多種多様なブランドに、「アタリ」を残す直しをお勧め!

 

ジーンズのアタリ残しはリフォームランドにおまかせ!

裾のダメージ加工を残した裾上げは、リフォームランドまで!

今回は「ジーンズの裾のダメージ加工を残しながら裾上げする」お直しをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?「こんな裾上げの仕方があったんだ、これでジーパンの裾上げが出来そうだ!」と思っていただけたなら、嬉しいです。

「普通の裾上げより少し高いけど、一回試してみたい!」と思われた方は、リフォームランドにご依頼ください。きっとご満足いただけると思います。アタリのキレイなジーンズ、デニム、ジーパンをご購入後は、リフォームランドの「パイピング裾上げ」ご利用お待ちしております。

ネット注文はこちら





ジャージニット二重線仕上げ

 

ネット注文はこちら


【対象】
♦ジャージパンツ・ストレッチパンツ等の裾上げ
♦スカート・ワンピースの裾上げ
♦Tシャツ、カットソーの袖丈や着丈 ・お直しサイズは、「現状から〇㎝」でご指定頂きます。 (股下・着丈・袖行丈等の指定は、誤差が生じますのでお受けできません。
*お客様でご判断が難しい場合は。お気軽にお問い合わせください。

【ジャージニット二重線仕上】

・Tシャツ、ポロシャツ、ジャージパンツの定番仕上げです。
・特殊なミシンで、表に2本ステッチが走る仕上げです。
・伸縮性の高い素材に適しているいる仕上げです。 ジャージやニットなどの伸縮性の高い伸びる素材には、「ジャージニット二重線仕上げ」が最適です。
・専用ミシンで一般的なジャージやスウエットに見られる仕上げです。 ・「ジャージニット二重線仕上げ」は、カバーロックミシンを使用するので、「カバーロック仕上げ」とも言います。
・表から見ると、ジャージのように2本ステッチになります。
・裏側を見ると、ロックミシンの縫い目のようになります。 ・2本のステッチ巾は、4mm~5mm巾で決まった巾になります。 ・ステッチ巾(裾から下側のステッチまでの巾)は、4cm以上は料金220円加算されます。 但し、巾が広すぎる場合は調整させていただきます。
・糸の太さや色は、現状に近い糸を使用いたします。
・裾巾が広い場合、作業量が増すため割増し料金が加算されます。

【裾上げ基本料金】 ⦿パンツ   1320円~
⦿Tシャツ  1650円~
⦿スカート  2640円~
・【スリットあり】の場合は、スリット1個660円加算されます。 左右にあれば1320円になります。 スリットをなくすことも可能です。(加算あり) ・「スリットテープあり」の場合は、ほどきと取付の手間と技術が必要なため、一個220円税込の追加料金が加算されます。 ・【ファスナーあり】の場合は、ファスナーが短くなります。 料金は、770円加算されます。 ファスナーの付け直しは、別料金が加算されます。 ・【コード・ゴムあり】の場合は、1650円加算されます。 コード・ゴムをつけない場合は、550円のみ加算されます。
・【裏地あり】の場合は、220円加算されます。 表と裏地を一緒に縫っている場合です。
・【別裏あり】の場合は、550円加算されます。
裏地を加工しない時は頂きません。
・【スリット・ベンツあり】の場合は、550円税込が加算されます。
但し、スリット・ベンツは、短くなる又は、無くなることをご了承ください。
・【つまみステッチあり】の場合は、550円税込が加算されます。
*>奥ヒダがステッチで押さえられているようなボックスプリーツなどにあるステッチがつまみステッチです。 つまみステッチが3か所以上ある場合は、550円加算されます。
★お見積りは無料で致します。お気軽にお尋ねください。

ネット注文はこちら


ウエストの直し

 
郵送注文はこちら
●紳士ズボンのウエスト出し詰め
●ジーンズのウエスト出し
●ジャージパンツのウエスト(総ゴム)
●婦人ズボン・スカートのウエスト出し詰め


★紳士ズボンのウエスト直し


こちら

スラックスのウエスト出し詰め(一般)



1)後ろ中心でのウエスト出し入れ(一般のスラックス)

お直し料金:1980円 (V加工あり2530円)

・紳士スラックスのウエスト巾を詰め・出しします。
・通常、現状サイズから、±5センチ調整できます。
*但し、既にお直しされていて、残り生地が少ない等、残りしろの状態によっては、お直しの範 囲が変動します。
・ウエストベルトの後ろ中心に縦に縫い目が入っているスラックスのみお直しできます。ご確認 下さい。
・紳士スラックスでも、後ろ中心に縦に縫い目が入ってない場合はお直しできません。 ・又、後ろ中心にvカット加工がなされている場合は、追加料金が加算されます。

<お直し不可のズボン>
・後ろ中心に縦に縫い目が入っていない紳士スラックス、婦人スラックス、カジュアルパンツで す。

<ご注意事項>
【vカット加工】の場合は、手間と技術が必要な為、550円税込の追加料金が加算されます。
【後染め】の場合は、ウエスト出しすることにより、生地の染まってない部分が出ることがあり 目立つことになります。 【日焼け・色落ち】の場合も同様にウエスト出しすることによって、日焼け・色落ちしていない 部分が出て、目立つようになることがあります。

後ろ中心に縫い目が無いウエスト詰め(ステッチ抑えがある場合も)



2)後ろ中心に縦線(縫い目)が無いスラックス又は、ステッチ抑えがあるカジュアルズボンのウエスト入れ (出しはできません。
こちら

・このタイプの場合は、後ろ中心ベルトに縫い目を作る事で、ウエストを入れることができます。
*後ろ中心見頃の縫い目にステッチが走っていれば、同様に仕上がる為に手間がかかるので、55 0円加算されます。


・お直し料金:2530円(ベルトに縫い目ある場合でステッチある場合も同じ)

・縫い目なくて、ステッチがある場合3080円

ジーンズのウエスト詰め



3)ジーンズの後ろ中心でのウエスト詰め(出しはできません。) 
こちら

・ ジーンズのウエスト詰めの料金3080円

ウエスト中心以外でのウエスト詰め出し



4)後ろ中心以外で、ウエスト出し入れする場合 

・後ろ中心だけでは、サイズが出ない時や5センチ以上出し入れする場合、前後のバランスも考 えて出し入れする場合などは、前側にあるタックや両脇などで調整することもできます。
但し、お直しに技術と手間がかかるので、お直し料金は、高くなります。

・お直し料金:6600円~

ジャージ等の総ゴムのウエスト直し





5)ジャージ・スポーツズボンの総ゴムのウエスト直し  
こちら

・ウエストが一周総ゴムになっているズボンです。
・ウエストをほどいて、ゴムを交換したり、短くしたりして、縫い直します。
ゴムの上にステッ チが2~5本かかってあたりします。

・ お直し料金:2750円~



婦人パンツ・スカートのウエスト出し詰め

★婦人パンツ・スカートのウエスト出し詰め 
こちら

・婦人パンツやスカートのウエスト直しは、紳士ズボンと異なり、後ろ中心では出来なくて、全 体(前後ダーツ・前後のタック・両脇)で見頃を出して、ベルトも短くしたり、布を足して長くす る必要があります。
その場合、共布がなければ、違う布になりますので、色と素材が変わります。
・その為、技術と手間がかかるので、お直し料金は、少し高くなっています。

・ お直し料金:2530円~

*出しの場合は、550円プラス
*脇ゴムがあると、550円プラス
*ベルト通しがあると、550円プラス
*その他飾りがあつたり、直す箇所が増えたりすると加算あらます。
郵送注文はこちら