上着・ワイシャツの擦り切れ修理

  • HOME
  • 上着・ワイシャツの擦り切れ修理

郵送注文はこちら


★着慣れた上着・ジャケット・ワイシャツ、気に入った上着のポケット口・袖口・裾・前合せの擦り切れの修理、ワイシャツの袖口・襟の擦り切れ修理できます。

当店でよくある箇所の擦り切れ部の修理は、以下の通りです。

●1)【上着裾ポケット口の擦り切れ】

●2)【上着前合せエッジの擦り切れ】

●3)【上着袖口の擦り切れ】

●4)【上着裾の擦り切れ】

●5)【ワイシャツ袖口カフスの擦り切れ】

●6)【ワイシャツ襟の擦り切れ】

1)【上着裾ポケット口の擦り切れ】

上着ポケット口はこちら

上着のポケット口が日々の使用により擦れて生地がほつれたり、中の芯地が見えてきたりします。
ポケットをほどき、キズ部を中に収め見えないようにして、縫い戻します。大きなキズの場合は修理できないこともあります。

修理金額:1か所2750円~

2)【上着前合せエッジの擦り切れ】

上着前合わせはこちら

同じく上着の前合わせのエッジの所が擦れてきます。
擦り切れている所を大きめにほどき、キズ部を中心に中へ入れて縫い直します。
擦り切れ箇所が多いと結構大変な修理となります。

修理金額:片側4400円~

3)【上着袖口の擦り切れ】

上着袖口はこちら

同じく上着の袖口の先が擦れてきます。
袖口を解き、キズ部をミシン修理して、中へ入れて丈を少し短くして縫い直します。また、擦り切れのキズが全体(一周)にある場合は、ぐるり一周を縫って入れ込むこともします。

修理金額:3300円~

4)【上着裾の擦り切れ】

上着裾はこちら

同じく上着の前コーナー~裾部が擦れてきます。
擦り切れている所を大きめにほどき、キズ部をミシン修理して、中へ入れて丈を少し短くして縫い直します。
擦り切れ箇所が多いと全体的丈直しとなりまs。

修理金額:4400円~

5)【ワイシャツ袖口カフスの擦り切れ】

ワイシャツ袖口はこちら

ワイシャツの袖口カフス先部(特に左の時計を入れている方が多い)が、擦れてカフス中の芯地が見えてきます。
カフスを取り外し、キズが見えなくなる幅(左右同じ幅)まで詰めて付け直します。
キズが大きい阿合は、修理できないこともあります。

修理金額:2750円~

6)【ワイシャツ襟の擦り切れ】

ワイシャツ襟はこちら

ワイシャツの襟の表面が、首との摩擦により擦れて中の芯地がでてきて、結構広い面が痛んでしまいます。
ワイシャツの襟を取り外し、キズ面をミシン修理します。
ミシン修理後表裏を反対にして、襟を付け直します。

修理金額:3300円~

以上になります。

ズボンの擦り切れはこちら

その他の部位修理できますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

郵送注文はこちら