ズボンの裾上げしたけどなんだかダボつくなんて感じることがありませんか!

通常のズボンは、太もも・膝から裾にかけて幅が細くなっています。

裾上げをすると、元の幅より広く仕上がってしまいますので、ダボついてしまいます。それは、裾幅を元の幅近くに詰めて仕上げることによりスッキリ仕上がります。*店舗スタッフにお尋ね下さい。

ズボンの裾上げと言っても色々な仕上げがあります。

⚫︎三つ折りステッチ仕上げ(Gパン等)

⚫︎ロックして二つ折りステッチ仕上げ

(三つ折りではダボつく時や丈を出来るだけ長くしたい時)

⚫︎2本ステッチ仕上げ(強度を増す、デザインの為)

⚫︎ジャージニツト2本線仕上げ(ジャージ、スポーツズボン等伸びる素材)

⚫︎シングル仕上げ(スラックス等)

⚫︎ダブル仕上げ(シングルの裾を折った仕上げ、折返し幅は、25センチ可)

⚫︎巻ロック仕上げ(薄い素材、裾を軽くする為に)

⚫︎リブ付仕上げ(裾にニツトリブが付く仕上げ)

⚫︎コード、ヒモ付仕上げ(ジャージ、スポーツズボン等)

⚫︎巾ゴム付仕上げ(デニム等)

⚫︎Gパンパイピング仕上げ(裾のダメージ等を残す為)

*詳しくは、店舗スタッフまで